【東京〜北海道(札幌・旭川など)】引越し相場・費用はいくら?見積もり方法や節約のコツなど

引越しの梱包をする夫婦

北海道から東京への引越し料金やおすすめの引越し業者を紹介しています。

北海道からの引越しには、北海道地区の引越しに強い地域密着型の引越し業者がおすすめ。全国対応の大手業者も良いですが、中小業者の方がより格安料金で引越しできる可能性が高いです。また、融通の利きやすい柔軟性も魅力。大手と中小を比較して最適な業者を見つけましょう。

 

引越し料金が半額?!おすすめ一括見積もりサイト2選

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

 

SUUMO引越しで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更が無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする

 

北海道から東京への引越し予算はいくら必要?

引越しの見積書と電卓

北海道から東京へは、直線距離で約830キロ、陸路での移動の場合は約1150キロの長距離移動となります。

以下の表は、500キロ以上の遠距離引越しの場合の引越し料金相場です。あくまあでも500キロ以上の場合の料金相場ですので、北海道から東京の引越の場合はさらに割高になることがありますので注意して下さい。

ここに記載している料金は、目安として予算を立てるのに利用する程度にしておきましょう。

時期繁忙期通常期
単身
(荷物少)
【価格帯】
20,000~190,000円

【平均】
67,202円
【価格帯】
20,000~150,000円

【平均】
61,483円
単身
(荷物多)
【価格帯】
30,000~300,000円

【平均】
111,650円
【価格帯】
32,000~220,000円

【平均】
96,128円
2人【価格帯】
60,000~500,000円

【平均】
200,266円
【価格帯】
53,500~330,000円

【平均】
151,881円
3人【価格帯】
90,000~600,000円

【平均】
265,826円
【価格帯】
50,000~400,000円

【平均】
185,316円
4人【価格帯】
100,000~530,000円

【平均】
297,437円
【価格帯】
70,000~500,000円

【平均】
228,252円
5人以上【価格帯】
100,000~700,000円

【平均】
370,137円
【価格帯】
100,000~800,000円

【平均】
330,253円

 

東京〜北海道の単身パックの費用はいくら?

東京〜北海道へ単身パックを使って引越しをした場合はいくらかかるのでしょうか?CMでも有名な日通の単身パックを例に料金を調べてみました。

単身パックとは、専用カーゴを使って行う引越しのことです。

このようなカーゴを使います。

単身パックは、距離別にボックス単位で料金が決まっているのが特徴です。トラックによる引越しのように時期によって料金が変動することがない点などから、予算を立てるには非常に分かりやすくて明瞭です。

日通の単身パックは2つのサイズから、荷物の量に合わせて最適な方を選ぶことができます。では一つずつ見ていきましょう。

 

東京〜北海道を単身パックSで引越した場合の費用は?

まずは、小さなサイズの単身パックSを使った場合です。

単身パックSでは、冷蔵庫・小型テレビ・テレビ台・布団・電子レンジ・カラーボックスなどを載せることができます。

東京〜北海道までの基本料金は、39000円。相場価格帯と比べてみても、かなり安い料金の部類に入ります。

また、単身パックでは、WEB割引(1ボックスにつき2000円)や開始時間おまかせ割引(1ボックスにつき1000円)などを利用できるので、それだけで3000円安くなり、合計36000円。

割増料金が必要になった場合や、有料のオプションサービスなどを利用しても、4万円〜5万円台での引越しは可能でしょう。

 

東京〜北海道を単身パックLで引越した場合の費用は?

続いて、単身パックLの場合です。

単身パックLの基本運賃は、46000円となります。こちらも、単身パックSと同様に割引サービスを利用すると43000円となります。

単身パックLの専用カーゴに載せることができる荷物は、冷蔵庫・洗濯機・テレビ・テレビ台・掃除機・電子レンジ・布団・カラーボックス・衣装ケースなどです。単身パックSとの大きな違いは、冷蔵庫と洗濯機を同時に載せることができることです。

一人暮らしに必要な家電類を載せることができるので、洗濯機や冷蔵庫を運びたい場合は、単身パックLの利用を検討してみましょう。

 

東京〜北海道へ家族で引越しする場合の費用相場は?

家族で引越しをする場合は、単身引越しに比べて料金が高くなります。利用するトラックのサイズが大きくなることで、基本料金が高くなるためです。また、荷物が多い分、作業を行うスタッフの人数も増えるため、人件費も高くなります。

夫婦2人で引越しをするといくら?

東京〜北海道へ夫婦などの2人で引越しをした場合は、15万円〜20万円ほどが相場価格となります。

北海道のどの辺りなのかにもよりますが、距離が遠くなるほど料金は高くなります。

2人の引越しの場合は、一般的には2トンロングトラックを利用することになるでしょう。ベッドやソファー、自転車などの大型の荷物が増えると3トントラックになる可能性もあります。そうなると、料金も20万円を超えるかもしれません。

料金を安く抑えるには、時間フリー便を使ったり、梱包や荷ほどきは自分たちで行なったりすることで、料金を安くすることができます。なるべくオプションサービスは使わないことなどもポイントです。

 

大きな子供がいる家族3人の場合の引越し費用は?

子供が中学生〜高校生以上になった場合は、荷物も大人3人分と考えて良いでしょう。ベッドやデスクなどの大型の荷物も増え、使うトラックも3トン〜4トントラックが必要になります。

料金の割増がない通常期であっても、平均的な価格は20万円〜30万円弱ほどになります。

逆に、まだ子供が小さい場合は、まだベッドや机などがないため、荷物はほぼ2人分と仮定しても大丈夫ですので、料金は20万円前後まで下げることができる可能性もあります。

また、家族が4人以上になった場合で、子供も大きい場合は、ほぼ4トントラック以上のサイズが必要になるので、引越し料金は30万円以上になることもあるでしょう。

 

実際の料金はいくら?一括見積もりなら相場料金よりも確実に安く引越しできます!

実際に引越し料金がいくらかかるのかを知るには、一括見積もりサイトを利用しましょう。最大10社へ一括で見積もり依頼を出せるので、料金が安い業者をすぐに見つけることができます。

一括見積もりサイトを使うと、相場料金よりも確実に料金が安くなるというメリットもあるので、できるだけ安く引越しをしたい方は、是非利用しましょう。

業者同士が値引きの競争をしてくれるので、自動的に料金が安くなっていきます。あなたの交渉次第ではさらに格安料金にすることも可能。一括見積もりサイトを上手に利用して、引越しの勝ち組になりましょう。

おすすめは「SUUMO引越し」。提携業社はサカイやアート、日通などの大手を含む厳選業者のみ。そして、他サイトでは必要な電話番号の入力が必要ないため、営業電話などの心配もありません!

↓↓↓↓

 

忙しい方には、住所変更手続きを無料で行なってくれるズバット引越し比較」がおすすめ!電気・ガス・水道などの公共料金の住所変更手続きを無料で依頼できるので、引越し後の面倒な手続き作業を軽減できます!

↓↓↓↓

 

引越し料金の“高いor安い”は業者選びで決まる?

スマートフォンを見ながら悩む女性

「どの業者に依頼しても、引越し料金なんてそんなに変わらないでしょ?」

あなたはそう思っていませんか?

しかも業者探しはとても面倒な作業です。検索して近くにある業者を探したり、見積もりの電話をしたり…。面倒臭がりやの人は、複数業者に見積もりを取って比較するなんてことは絶対にしないでしょう。

もしあなたがお金を無駄使いしても良いと考えているのであればそれでも問題はありません。でも、もしあなたが引越し料金をできるだけ安くしたい、節約したいと考えているなら話は別です。

同じ条件で見積もりをしても、業者によって引越し料金は全然違います。その差は半額以上になることもよくあります。

 

引越し料金をあと3万円安くする方法

ここからは、引越し料金を最低でも3万円は安くするための方法をいくつか紹介していきます。ここで紹介する方法を実践すれば、少なくとも3万円は金額を安くすることができるはずです。

混載便などの長距離格安プランを使う

まずおすすめしたいのが、「混載便」を使うことです。混載便とは、1つのトラックで何人もの引越しの荷物を一緒に運ぶ方法のことで、料金を半額相当まで安くすることができるおすすめの方法です。大手業者のコースでは、サカイ引越センターの「ご一緒便コース」などがこれにあたります。混載便による格安料金を可能にできるコースとなっています。

地域に根ざした中小業者では、長距離引越し専用の格安プランとして混載便を使っている業者がたくさんあります。中小業者はトラックの保有台数が少ないため、トラックの空きを無くす=無駄を省くためにできるだけ多くの引越しを請け負う方法として混載便を活用しています。そのため、中小業者による混載便は引越し料金が大幅に値引きされることが多々あります。

 

引越し料金が安い“時期とタイミング”を選ぶ

カレンダー

「引越し料金を安くできる一番効果的な方法は?」

それは、“安い時期”を選ぶことです。引越しには、繁忙期と通常期があります。繁忙期の料金は高く、通常期はそれよりも安くなります。

  • 3月~4月以外を選ぶ
  • 土日よりも平日を選ぶ
  • 午前よりも午後を選ぶ
  • 時間指定をしないのがベスト

引越し料金を安くするには、以上の4つのポイントをできるだけ多く揃えましょう。例えば、「11月中旬・火曜日の時間指定なし」だと、引越し料金はかなり安くなります。荷物がどうこうよりも、“いつ”引越しをするかが最も大切なポイントであるというのを覚えておいてください。

3月や4月の引越し料金はどの業者も高くなります。どうしてもその時期に引越しをしなければいけない時は、出来るだけ土日以外の平日に引越しをする、午後もしくは時間指定をしない、などの工夫をすれば引越し料金は割安になります。

 

引越しの日程を業者に決めてもらう

引越しの日程を細かく指定したい場合には使えない方法ですが、もしある程度引越し期間に猶予がある場合は、“引越し業者に搬出日を決めてもらう”と、引越し料金が半額相当まで安くなります。

アート引越センターには、「引越し待ち割キャンペーン」というコースがあります。これは、あなたが提示した連続する5日間の中から、アート引越センターが都合の良い日時を決めるというコースです。業者側にとっては、受注件数が少ない日時を都合よく埋めることができるため、料金の値引きにも柔軟になります。

あなたの引越し料金は半額になり、業者も無駄なく作業をこなせるので、お互いにウィンウィンの関係を築くことができるおすすめの方法です。日程に余裕がある場合は、是非検討してみましょう。

 

長距離引越しの費用を安くするなら中小業者も要チェック!

電卓の上にサラリーマンの人形が立っている

もし、どの引越し業者に依頼しても料金がそんなに変わらないと思っているのなら、あなたは損をしてしまいます。特に、北海道から東京などの長距離引越しの場合には、数万円~十数万円単位で引越し料金が変わる場合もあります。

中小業者は、大手業者に格安価格で対抗する

最も大きな違いは、大手業者と中小業者の違いです。料金の面でいうと、安くなるのは間違いなく中小業者の方です。大手業者には、知名度やブランド力があるので、多少の割高感があっても依頼する人はたくさんいます。ですが、知名度も信頼度もない中小業者は、とにかく受注することが大切。だから価格面で大手業者に対抗するのです。

特に安くなるのは、単身引越しの料金。中小業者の単身プランは、かなり格安価格になっているところが多く、大手業者の通常プランの3割~4割ほど安くなっている場合もあります。荷物が少ない小規模の引越の場合には、中小業者は要チェックです。

引越し料金は一括見積りで確実に安くなる!

woman-wallet

引越し料金一括見積もりサイトは、複数の業者へ一括で見積もり依頼ができる便利なサービスです。無料で使うことができて、入力項目も簡単なので忙しい方にも最適です。

一括見積りサイトの最大のメリットは、比較することで料金の安い業者を選ぶことができることです。それは、単なる比較ではなく“業者の最安値を引き出せること”が大きなポイント。

一括見積りサイトを利用すると、依頼を受けた業者同士で価格競争が起こります。あなたというお客さんを獲得するために、各業者はライバルとなる他社に負けないように見積もり金額をどんどん値引きしてくれるのです。

一括見積りを使うと、各業者の最安値の見積もり金額を知り、それらを比較することが出来るのです。

 

 

一括見積りなら「スーモ」か「ズバット」!

SUUMO引越し

  1. 電話番号の入力が不要な唯一のサイト
  2. 営業電話の心配は一切なし
  3. 業者とのやり取りはメールでもOK

SUUMO引越しは、大手リクルートが運営する引越し料金一括見積もりサイトです。SUUMO引越しの特徴は、見積もり時に、電話番号を入力しなくてもよいこと。他のサイトでは、電話番号の入力は必須なため、業者から引っ切り無しに電話が掛かってきたり、営業電話が掛かってきたりしますが、SUUMO引越しなら、電話番号を入力しなくてもよいので、業者とのやり取りもメールで完結でき、迷惑な営業電話の心配もありません。

 SUUMO引越しで見積もりをする

 

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  1.  住所変更手続きが無料で出来る!
  2.  利用者数400万人突破
  3. 引越し料金最大50%OFF!

ズバット引越し比較は、利用者数が400万人を突破した一括見積もりサイトの最大手です。ズバット引越し比較のおすすめポイントは、電気・ガス・水道・新聞などの公共料金の住所変更手続きを無料で依頼できること。引越しの前後には、公共料金だけでなく、クレジットカードや免許証などの住所変更手続きが待っています。それらの負担を少しでも減らしたい方は、ズバット引越し比較を使いましょう。

 ズバット引越し比較で見積もりをする


 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイト2選

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

 

SUUMO引越しで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更が無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする