引越し料金表&実例23選【東京~茨城(水戸・つくば)】|引越し費用を安くできる3つの方法

このページでは、東京~茨城間の引越し料金について紹介しています。

東京~茨城間はおよそ120キロほど。他地方への長距離引越しに比べれば料金は安いですが、荷物の量やタイミングなどによっては高くなる場合もあります。

ここでは、東京~茨城間の引越し料金相場に加え、東京~茨城間の引越しをした人が実際に業者に支払った金額もまとめました。これから引越しを予定している人は、予算を立てる際などの参考になると思います。

また、引越し料金を安くするための節約方法についても紹介しているので是非チェックしてみてください。

 

東京~茨城間の引越し料金相場

下の表は、東京~茨城間の引越し料金相場を、単身・2人・3人以上の3つのタイプ別に分けてまとめたものです。繁忙期と通常期で料金差がかなりあるので、見積もり前にきちんと把握しておきましょう。

通常期
(5月~2月)
繁忙期
(3月~4月)
単身
20,000円~70,000円
40,000円~150,000円
2人
40,000円~180,000円
60,000円~200,000円
3人以上
50,000円~160,000円
70,000円~200,000円

相場料金は、実際に見積もりを取った時に、その料金が妥当な価格かどうかを見極めるときに活用してください。引越し料金は、時期や業者、荷物の量などによって大きく変動します。表の金額はあくまでも目安に過ぎません。予算を立てる時の目安にしたり、見積もり金額の正確性を判断するときに使うのが良いと思います。

本当の料金は見積もりを取るまでは分かりません。ですので、実際に東京~茨城間の引越しをしたい人がどれくらいの金額を業者へ支払ったのかを見るのが一番イメージしやすいと思います。

それでは、実際の金額がどれくらいなのかを見てみましょう。

 

東京~茨城間の引越し料金【実例まとめ】

ここからは、東京~茨城間の引越しをした人が、実際に支払った金額を紹介していきます。通常期(5月~1月)と、繁忙期(2月~4月)に分けて掲載しています。料金相場よりもリアルな実例なので、人数や地域、選んだ業者などと併せて参考にしてみてください。

 

通常期(5月~1月)の場合

人数地域時期業者料金
単身龍ケ崎市→足立区5月
(土日)
シャトー急送29,000円
単身つくば市→江東区9月
(平日)
かまがた運送店20,000円
単身龍ケ崎市→練馬区6月
(平日)
ハピネス引越センター65,000円
単身牛久市→文京区12月
(土日)
シャトー急送26,000円
単身取手市→千代田区11月
(土日)
サカイ引越センター50,000円
単身つくば市→西葛西10月
(平日)
ラク越35,000円
単身日立市→渋谷区5月
(平日)
サカイ引越センター81,000円
単身牛久市→狛江市9月
(土日)
人力引越社46,440円
2人ひたちなか市
→荒川区
1月
(平日)
サカイ引越センター109,000円
単身猿島郡五霞町
→豊島区
6月
(平日)
人力引越社14,040円
単身土浦市→中野区7月
(平日)
人力引越社40,000円
2人水戸市→墨田区1月
(土日)
アート引越センター90,000円
単身古河市→杉並区10月
(平日)
アクティブ感動引越センター37,500円

繁忙期(2月~4月)の場合

人数地域時期業者料金
単身つくば市→足立区4月
(土日)
人力引越社45,000円
2人つくば市→江戸川区3月
(平日)
サカイ引越センター75,000円
単身筑西市→足立区2月
(平日)
人力引越社43,000円
単身東茨城郡茨城町
→板橋区
3月
(土日)
アート引越センター110,000円
単身つくば市→北区2月
(平日)
アリさんマークの引越社32,400円
単身土浦市→足立区2月
(土日)
アリさんマークの引越社30,000円
単身取手市→台東区3月
(平日)
アート引越センター54,000円
単身龍ケ崎市→国立市2月
(平日)
人力引越社43,200円
単身土浦市→板橋区3月
(平日)
かまがた運送店37,000円
単身つくば市→世田谷区3月
(平日)
ラク越48,000円

 

実際の料金はいくら?一括見積りで確実に安くなる!

実際に引越し料金がいくらかかるのかを知るには、一括見積もりサイトを利用しましょう。最大10社へ一括で見積もり依頼を出せるので、料金が安い業者をすぐに見つけることができます。

一括見積もりサイトを使うと、相場料金よりも確実に料金が安くなるというメリットもあるので、できるだけ安く引越しをしたい方は、是非利用しましょう。

業者同士が値引きの競争をしてくれるので、自動的に料金が安くなっていきます。あなたの交渉次第ではさらに格安料金にすることも可能。一括見積もりサイトを上手に利用して、引越しの勝ち組になりましょう。

おすすめは「SUUMO引越し」。提携業社はサカイやアート、日通などの大手を含む厳選業者のみ。そして、他サイトでは必要な電話番号の入力が必要ないため、営業電話などの心配もありません!

↓↓↓↓

 

忙しい方には、住所変更手続きを無料で行なってくれるズバット引越し比較」がおすすめ!電気・ガス・水道などの公共料金の住所変更手続きを無料で依頼できるので、引越し後の面倒な手続き作業を軽減できます!

↓↓↓↓

 

 

引越し費用を安くする3つの方法

Three

ここからは、引越し費用を安くできる3つの方法を紹介したいと思います。引越し料金を安くするためには、以下の3つのポイントを抑えておくことが大切です。

  • 時期・時間・曜日の選び方
  • 輸送方法の選び方
  • 失敗しない業者の選び方

それでは3つのポイントについて詳しく説明していきます。

 

時期・時間・曜日の選び方

Date

引越し料金を安くするには、まず“時期・時間・曜日”と料金の関係を把握しておく必要があります。どんな方法よりも時期とタイミングの選び方が最も大事と思っていて良いくらいに、時期と料金の関係は大切です。

 

繁忙期は高く、通常期は安い

まずは、繁忙期と通常期について理解しておきましょう。料金の実例でも見た通り、繁忙期の方が料金は高くなります。場合によっては2倍~3倍以上になることもあります。最も引越し料金が高くなるのは、3月末~4月上旬までの2週間くらいです。この期間は、業者が1年で一番忙しい時期になるため予約も取りにくく、料金も高くなります。

料金を安く抑えたいのであれば、出来るだけ繁忙期以外の時期を選びましょう。どうしても繁忙期にしか引越しできないという方は、以下の方法を試してみてください。

 

”時間を指定しない“で安くなる

引越し当日の“作業開始時間をいつにするか”も非常に大切な節約ポイントです。最も料金が高くなるのは午前中の時間帯です。早く作業を終えたい人が多いので、一般的には午前中の時間帯に予約が殺到します。そのため、夕方以降の遅い時間は予約が空いている状況となり、料金も安くなります。業者としては料金を安くしてでも予約を埋めたいのです。

時間指定をしないプランを“フリー便”といいます。フリー便を利用する場合は、作業開始時間の決定を業者に任せます。そのため、当日のスケジュールは業者から連絡が来るまで分かりません。ほとんどの場合、当日の時間を知らせてくれるのは、前日~2日前となります。ギリギリまで当日の予定を組めないのでストレスを感じるかもしれませんが、料金はその分安くなります。タイミングと交渉にもよりますが、3割ほど安くなる場合もあります。

時間に余裕のある方は是非検討してみましょう。

 

平日割引でさらに安く

引越し料金は、平日なのか土日なのかで大きく変わります。もちろん土日の引越しの方が料金は高くなります。「土日・祝日・大安」は出来るだけ外しましょう。業者によって異なりますが、平日特別割引のプランやキャンペーンを用意している業者もあります。

繁忙期であっても、平日を選ぶだけで、土日に比べると料金は安くなります。さらにフリー便を掛け合わせることでさらなる値引きも可能です。

 

失敗しない業者の選び方

笑顔で段ボール箱を運ぶ2人の引越し業者スタッフ

最後は、引越し業者の選び方です。どれだけ節約を頑張っても、最初の金額が高い業者を選んでしまっては意味がありません。引越し料金は、どの業者を選ぶかで大きく変わります。その差は半額以上になることもあります。これは、その業者の予約状況や時期、オプション料金などの違いがあるためです。引越し料金の算出には色んな要素が関わってきますので、時期とタイミングによって見積もり金額は全く違ったものになります。

絶対にやってはいけないこと

Foundry / Pixabay

業者選びで絶対にやってはいけないことが、1社への見積もりで契約を決めてしまうことです。1社への見積もりでは、その金額が高いのか安いのか分かりません。業者によりますが、直接の見積もりに対しては、お得な割引プランや節約のアドバイスなどをしてくれないところもあります。会社の利益を考えれば当然のことですが…。

少し強引な勧誘をされると断れないという人は、1社のみの見積もり依頼で契約を決めてしまうこともあるようですが、これでは業者の思うツボです。妥当な金額、あなたの引越し条件に見合った金額をきちんと見極めるためには、複数の業者へ見積もり依頼をし、それぞれの業者を比較する必要があります。

 

一括見積りサイトで最安値の業者を見つける

複数業者へ見積もり依頼をする時に便利なのが、一括見積りサイトです。一括見積りサイトを使うと、あなたの引越し条件に対応できる業者、最大10社へ一括で見積もり依頼が出来ます。さらに、業者同士を競わせることができるので、本当の最安値を引き出すことが出来ます。

1社ずつ個別に見積もりをしていては絶対に得ることのできない見積もり金額を受け取ることができるのです。

 

一括見積りをすると確実に料金が安くなるたった1つの理由

お財布とお金

一括見積りサイトを使うと引越し料金が安くなります。

あなたはその理由を知っていますか?

単に料金を比較出来ることがその理由ではありません。

 

一括見積りで得られる最大のメリットは、

“業者間の価格競争による値引き合戦”

です。

 

一括見積りを利用すると、各業者は、あなたというお客さんを獲得するために、他社の金額に負けないように値下げしてくれます。

 

業者ごとに個別に見積もり依頼をした場合、この現象は起こりません。ライバルとなる業者がいないため、値引き交渉に応じてくれないこともあります。

一括見積りをすることで、

“各業者が限界ギリギリまで下げた見積もり金額を受け取ることができる”のです。

これが一括見積りで料金が安くなるたった1つの理由なのです。

 

一括見積りなら【ズバット引越し比較】

ズバット引越し比較の公式HP

  1. 利用者数400万人突破
  2. 提携業者220社以上
  3. 「また利用したい」が94%
  4. 住所変更が無料で出来る

ズバット引越し比較は、上場企業である株式会社ウェブクルーが運営する引越し料金一括見積りサイトの最大手です。累計の利用者数は400万人を超え、提携業者も220社以上となっています。一度に見積もりできる業者数は最大10社。サカイ引越センターやアート引越センターのような大手業者はもちろん、地域密着型の中小業者へも一括で見積もり依頼が出来ます。

ズバット引越し比較の住所変更サービスについて

ズバット引越し比較の特徴は、「らくらく引越し手続き」という住所変更サービスがあることです。他の一括見積りサイトにはないサービスなので、これを理由にズバット引越し比較を選ぶ利用者もたくさんいます。

水道・ガス・電気・新聞などの住所変更を一括で、しかも無料でやってくれるので、引越し後の面倒な手続き作業の手間が省けます。スムーズに新生活をスタートできますよ。


 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする