【※単身引越しにおすすめ】引越し業者を選ぶ5つのコツ

このページでは、単身・一人暮らしにおすすめの引越し会社の選び方について説明しています。

専用ボックスを利用した単身パックのメリットや、費用を安く抑えるためのコツなども合わせて紹介していますので是非チェックしてみてくださいね。

 


ヒカル
どーも。一番嫌いなものはヘビ!引越しアドバイザーのヒカルです。

 

今日は、一人暮らしの引越しを予定している人に向けたノウハウ紹介ですよ。

 

しかも、荷物が少なめの人向けです。

 

 

”引越し会社を選ぶ5つのコツ”

 

について解説していこかいなと思てます。

 

 

単身引越しっていうのは、安くしようと思えば、15,000円以下にすることだってできます。

 

もちろん長距離や荷物がドッサリっていう場合は無理ですけどね。

 

 

単身引越しに強い業者選びのコツは、

 

この5つです。

 

これさえきちんと確認して業者を選べば、予算よりも高くなってしもた~!!なんてことは絶対にありません。

 

大丈夫です。

 

それでは、1つ目のポイントから見ていきましょう。

 

 

「専用ボックスって何やねん」という方へ。

 

%e5%bc%95%e8%b6%8a%e3%81%97%e5%8d%98%e8%ba%ab%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

 

こんな感じのやつですね。

 

単身パックで使われている専用ボックス。

このボックスに入る量であればいくら積んでもOKですよ~っていうやつですね。

 

この専用ボックス、業者によってはカーゴと言ったりするみたいです。

 

ヒカル
見ての通り冷蔵庫も電子レンジもむき出しでOK。荷造りの手間が省けるんやで。

 

で、この専用ボックスを使った単身プランがある業者さんはどこやという話です。

 

  • 日通
  • クロネコヤマト
  • SGムービング(佐川急便)
  • ハトのマークの引越センター

 

大手業者でいうと、この4社がおすすめですね。

 

では、それぞれの単身パックを見ていきましょう。

 

 

日通の単身パック

まずは日通さんの単身パック。

nittsu-box02

日通さんには、単身パックが4つあります。

専用ボックスを使うのは、そのうち2つ。

  • 単身パックS
  • 単身パックL

の2つです。

ちなみに、「単身パック当日便」はトラックを使用、「単身パックX」は鉄道コンテナを使用します。荷物の量や移動距離によってはこの2つの方がぴったし来る場合もありますね。

 

単身パックS

 

単身パックSは、荷物が少なめの人にピッタリのサイズ。

冷蔵庫は運べるけど、洗濯機は一緒には載せれまへん。

nittsu-s

ダンボールの数もそこそこなので、本当に必要最低限の荷物だけを運ぶ場合に向いてそうです。

 

単身パックSの最安値は、15,000円~

 

“最短距離+割引サービス適用後”の最安値なので、実際はこれ以上の金額になるのは間違いでしょう。

 

ヒカル
とりあえず冷蔵庫だけは一緒に持っていきたいなら単身パックSですよ。

 

単身パックL

 

単身パックLは、冷蔵庫と洗濯機が一緒に入るサイズです。

一人暮らしをすぐにスタートできるくらいの家財道具なら単身パックLがええんちゃうかなと。

nittsu-l

 

SサイズとLサイズの違いは、”洗濯機を一緒に積めるかどうか“がポイント。

それ以外はほとんど変わりませんね。

ダンボールの数も1つくらいは多めに積めるかな~いうくらいです。

 

気になる料金は、最安値が16,000円~

 

最安値は、Sサイズと1,000円しか変わりませんね。

これなら、多少荷物が少なめでも、“万が一積めなかった時”のことを考えてLサイズにしておくのもアリでしょう。

 

実際にかかる金額は、移動距離によって変わります。

 

ちなみに、東京⇔大阪間で、25,000円です。

 

それより近ければ料金も安くなるし、東京から北海道、東京から福岡などの遠距離(1,000キロ以上)であれば、もっと高くなるでしょう。

 

ヒカル
冷蔵庫と洗濯機を一緒に運びたいなら単身パックLを選ぶべし!

 

クロネコヤマトの単身パック

クロネコヤマトにも単身パックが2つあります。

yamato-box

  • 単身引越サービス「フルサイズ」
  • 単身引越サービス「ミニタイプ」

この2種類ですね。

 

ヤマトさん的には、ミニタイプは、ダンボールを中心とした引越し専用という感じになっています。

家電製品なしの引越しということですね。

 

冷蔵庫・洗濯機・電子レンジとかを一気に積みたいなら「フルサイズ」がおすすめです。

 

ちなみに、最安値の料金はヤマトさんの方が安いです。

  • ・フルサイズの最安値…12,000円~
  • ・ミニタイプの最安値…11,000円~

ただ、この料金も同一市区内、最大3つの割引(Web割引、早期割引、平日割引)を適用後の料金なので、県外やそれ以上の遠距離引越しだと、もっと料金はかかりますね。

 

まぁ、ボックスのサイズがほぼ同じなので、同一県内の近距離引越しなら、ヤマトさんの方が良いかと。

 

ヒカル
家電なしの引越しは「ミニタイプ」、冷蔵庫と洗濯機を積みたいなら「フルサイズ」やね。

 

SGムービングの単身パック

続いて、佐川急便さんが運営するSGムービングの単身プラン。

cargo_sagawa

荷物が少ない引越し専用に、「カーゴプラン」というのが用意されています。

 

サイズは、日通やクロネコヤマトに対して、少し小さめです。奥行きがかなり浅めという感じですね。

 

料金は要見積りなのでハッキリとは分かりませんけど、日通やヤマトとそこまで変わらないはずなので、僕の中では佐川急便さんは外しますね。

 

これでいけるやろ~と思って、全部入りきらんかったら追加でもう1ボックス分の料金を取られるんでね。。

 

リスクは回避しときましょう。

 

ハトのマークの引越センターの単身パック

ハトのマークの引越センターは、単身プランが4つあります。

移動距離によって最適なプランを選ぶという感じですね。

  • 小鳩パック
  • 小鳩プチトラパック
  • 小鳩スカイパック
  • 青春引越便

 

専用ボックスを使うのは、

  • 小鳩パック
  • 青春引越便

の2つです。

hato-kobatopack

この2つのパック、どちらも遠距離引越し用のプランとなってます。

 

遠くへの単身引越しをする場合には、「小鳩パック」か「青春引越便」を選びましょう。

 

料金は、

東京⇔大阪の引越しが24,000円

固定料金です。

移動距離が500キロほどであると考えると、結構安いと思います。

 

ヒカル
長距離移動の引越しにはハトのマークの引越センターがええんちゃうかなと思いますよ。

 

 

まとめ

~専用ボックスを使うなら~

クロネコヤマトが総合的にはNO.1

②冷蔵庫とその他の荷物なら日通

③SGムービングはサイズが小さめで使いにくいかも。

④長距離移動ならハトのマークの引越センターがお得

 

ヒカル
わりと近距離なら、ヤマトか日通、長距離はハトのマーク。これがポイントなので覚えといてくださいね~。

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイト2選

引越しラクっとNAVI

<単身引越しが安くなる>


  • あなたの代わりに業者と交渉してくれる
  • 単身引越しなら訪問見積もりなし
  • 入力はたった4項目。1分以内で完了!
  • 電話を掛けてもらう日時の指定ができる
  • 見積もり後でもボタン1つキャンセルできる

単身引越しの場合は、荷物の量をコンシェルジュに伝えるだけで見積もり結果を受け取ることができるので、訪問見積もりが不要です!業者にとって受注のチャンスはコンシェルジュと交渉する1回限り。だから常にギリギリの金額で見積もりを出してくれるので、他の見積もりサイトよりも単身引越しの料金が安くなる可能性が高いです。もし気に入った業者がなかったら、ボタン1つで見積もりのキャンセルも可能です。

 引越しラクっとNAVIで見積もりをする

>>手順を確認しながら見積もり依頼をする

SUUMO引越し

<メールで済ませたい方に>

 

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

電話番号を知られたくない方、電話じゃなくてメールでやり取りをしたい方におすすめ!業者から次々と掛かってくる電話に応対するのがストレスに感じる場合は、電話番号を入力せずに見積もりができます自分のタイミングでやり取りできるので、急ぎの方もじっくり決めたい方にも最適です!

 SUUMO引越しで見積もりをする