銀行口座の住所変更手続きについて

銀行口座に関する住所変更手続きについてご紹介します。

基本的に、銀行を変更しない場合は、支店を変える必要はありません。支店を変更すると、口座番号が変わるので、カードや通帳もすべて作り直しとなり、手間がかかります。

新しく口座を作る必要がないのであれば、住所変更の手続きのみで大丈夫です。住所変更の手続きには、3つの方法があります。

  • 窓口
  • 電話
  • インターネット

それぞれの手続きについて以下にまとめました。

 

窓口での手続き方法

必要書類

  • 住所変更届
  • 預金通帳
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証、保険証など)
  • 住民票(新住所が確認できるもの)

手続きの手順

銀行へ行き、住所変更に必要な書類に記入の上、捺印します。通帳、本人確認書類と共に窓口へ提出します。

 

電話での手続き方法

必要書類

  • 住所変更届
  • 預金通帳
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証、保険証など)
  • 住民票(新住所が確認できるもの)

手続きの手順

銀行に電話をして住所変更に必要な書類を送付してもらいます。書類を受けとり、必要事項を記入の上、捺印します。本人確認書類/身分証明書のコピーを同封し、銀行へ郵送します。

 

インターネットでの手続き方法

必要なもの

  • インターネットバンキングの口座
  • ログイン情報

手続きの手順

パソコンからインターネットバンキングの口座へログインします。住所変更のページへ移動し、必要事項を記入し、手続きの申請をします。銀行によっては、インターネット上で住所変更手続きが出来ない場合もあります。その際は、必要書類の請求ができますので、送られてきた書類に記入捺印の上、その他の必要な書類と共に郵送します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

同じ銀行を使う場合には、特に支店などを変更する必要はなく、住所変更のみで問題ありません。但し、引越し先に利用している銀行の支店やATMがない場合、常にコンビニや他の銀行でお金の出し入れをする必要があります。この場合、余分な手数料が常にかかってしまうため、長期的な視点で見ると、新しく口座を作った方が良いでしょう。

銀行を変え、新しく口座を開設する場合は、使わなくなる口座は解約してから引越しをしましょう。尚、ゆうちょの場合は、全国の郵便局の窓口で手続きが可能です。

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする