転校・転入の手続きについて

学校の教室

引越しの際に必要な、お子さんの転校・転入に関する手続きについて紹介します。

転校・転入の手続きは、大きく3つに分かれます。

  • 同一市区町村内の公立小中学校への転校
  • 市区町村外の公立小中学校への転校
  • 公立高校、私立小中高校への転入

それぞれの転校・転入の手続き方法は異なりますので、しっかり確認しましょう。また、手続きの期間に決まりはありませんが、引越しが決まったらなるべく早く手続きを始めましょう。

私立小中高校および公立高校への転入は、編入試験があり、合格すれば転入が認められます。事前に準備ができるよう、引越しと共に順序立てて行動しましょう。

 

同一市区町村内の公立小中学校への転校

届出先

  • 各市町村役場に設置されている教育委員会

必要書類

  • 在学証明書
  • 教科用図書給与証明書(教科書給与証明書)
  • 転入学通知書

手続きの手順

  1. 在学中の学校から、「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を受け取る。
  2. 引越し後、転居届を提出する際に、「転入学通知書」を受け取る。(ここで転校先が指定される)
  3. 転入先の学校に「在学証明書」・「教科用図書給与証明書」・「転入学通知書」を提出する。

 

市区町村外の公立小中学校への転校

届出先

  • 各市町村役場に設置されている教育委員会

必要書類

  • 在学証明書
  • 教科用図書給与証明書(教科書給与証明書)
  • 転退学通知書
  • 転入学通知書

手続きの手順

  1. 旧住所のある役所で転出手続きを行い、「転退学通知書」を受け取る。
  2. 「転退学通知書」を転出校に提出し、転退学の届出をする。
  3. 在学中の学校から、「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」を受け取る。
  4. 新住所の役場へ転入届と転出証明書を提出し、『入学通知書』を発行してもらう。
  5. 転入先の学校へ、「在学証明書」・「教科用図書給与証明書」・「転入学通知書」を提出する。

 

公立高校、私立小中高校への転入

私立小中高、および公立高校への転入の際は、編入試験を受ける必要があります。編入試験に合格すれば、転入が可能になります。

義務教育ではない公立高校、学校ごとに編入・転校の条件が定められている私立学校への手続きは、公立の小中学校の手続きとは全く異なります。

それぞれの学校のウェブサイトや電話などで必ず確認しましょう。また、地元の教育委員会へ転校の連絡をしければならない地域もありますので注意が必要です。

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする