段ボールはどれくらい必要?(単身・家族)

ダンボール箱に入って笑う小さい子供

東京は非常に人口が多いエリアとして知られているように、毎年多くの方々が引越しを行っています。東京の引越し業者も数多く存在している状況なので、現在ではインターネットから見積もり情報を得る方法で、相応しい業者を見つけ出すことができます。

日程などが決まった際には、事前に荷造り用の段ボールを用いて荷物類の梱包を行うことが必要とされています。段ボールに関しては、何個必要なのかを判断することが難しい状況にありますが、一定の目安としては、単身者と家族持ちで大きく異なることも基本的なことです。

室内の広さで目安にする方法もあり、例えば単身者で1Rや1Kなどの室内で生活を送ってきた方であれば、ダンボール10枚程度を目安にすることができ、1DKの場合ではダンボール20枚程度を目安にすることも良い方法です。

家族持ちの方がいくつ必要としているのかは、家族の人数によって違いが大きく生じる内容になり、例えば2人家族の場合で2DKや3DKの住宅に居住されている方ならば、40枚から80枚程度のダンボールを必要とする場面も見られます。

このように荷造りを行う場合では、欠かすことのできない資材として段ボールを活用することになりますが、引越し業者でも見積もり時に目安として準備している数量などが決められている可能性もあるので、少し多めに確保する方法で、問題なく梱包を済ませることができます。

事前に分かりやすいように、ジャンル別に梱包しておくことも基本的なこととして考えることができ、段ボールの特性を生かして、マジックペンなどを活用して、中に入れている物品を分かりやすいように記入しておく方法も効果的です。東京でも数々の引越し業者があるので、前もって相談してみることもおすすめです。

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする