自治体の粗大ごみ回収サービスについて|リサイクルショップで売る方法とコツ(準備のコツ・引き取りになる場合)

粗大ごみ・自転車・箪笥・布団・掃除機・扇風機など

引越しの際は不用品の処分に困ることが多いと思います。小さな物であれば、普通ごみとして処分すれば問題ないですが、電化製品やソファー、テーブルなどはそう簡単にはいきません。

粗大ごみの処分については、通常は収集日が1か月に1回、決まった日にくると思いますが、それまで置いておくことはできませんので、自治体の専門窓口に連絡をとり、収集をお願いしましょう。その際は費用が発生する場合がありますので、予め確認しておくと良いでしょう。

電化製品も家電リサイクル法により、粗大ごみとして処分できないものがある場合があります。どれを捨てるのかが明確になったら、インターネットなどで自分で調べるか、自治体に相談して確認しましょう。

家電製品はきれいな状態で使われており、かつ年式が比較的新しいものであれば、リサイクルショップで買い取ってくれる場合があります。特に、人気家電と言われるような品は自分が思っているよりも高額で買い取ってくれる場合がありますので、一度、リサイクルショップに持っていってみると良いと思います。

古い年式のものは査定対象外となりますので、買い取ってくれません。その他、ありきたりなものも突き返されますので、注意が必要です。ソファやテーブルはおそらく日常的に使っていたでしょうから、かなり傷んでいると思います。リサイクルショップは家具の買取も行っていますが、家具の場合はほぼ使われていなかったものだけだと思っていた方が良いでしょう。海外ブランドのような高額な品であれば、わずかながらも買い取ってくれるかもしれません。

引越しの際は、引越し業者に依頼して行うと思いますが、引越し業者によっては、不要なものを処分してくれるところもあります。詳しくはインターネットで調べるか、電話で一度連絡して、確認してみましょう。

家電メーカーと提携しているところも多いので、通常の店で買うよりも安い価格で電化製品を紹介してくれる場合もあります。その場合、購入した家電と交換というかたちで古い家電を持って帰ってくれる場合もあります。

引越しは準備や実際の本番も大変労力を使いますし、費用も高額になりがちです。そこで自治体やリサイクルショップなど、便利なものを使って、賢く不要な品をなくしていくことにより、よりシンプルに作業をすることができます。もしかしたらまだ使うかもしれないと思っているものや、思い入れがあるものもあると思いますが、そこはきっちり断捨離を行っていくようにしてください。

高値で売ることが出来れば、引越し料金の足しにも出来ますし、引越し後の新生活に必要な資金にもなります。使い古した家具家電に関しては、処分にお金がかかることも有りますが、中にはタダで引き取ってくれる業者もあるかもしれないので、時間に余裕がある方は、複数のリサイクルショップや買取り業者に依頼するなどして、損のないように引越しの準備を進めていきましょう。

ピアノを売りたい方はこちら

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイト2選

引越しラクっとNAVI

<単身引越しが安くなる>


  • あなたの代わりに業者と交渉してくれる
  • 単身引越しなら訪問見積もりなし
  • 入力はたった4項目。1分以内で完了!
  • 電話を掛けてもらう日時の指定ができる
  • 見積もり後でもボタン1つキャンセルできる

単身引越しの場合は、荷物の量をコンシェルジュに伝えるだけで見積もり結果を受け取ることができるので、訪問見積もりが不要です!業者にとって受注のチャンスはコンシェルジュと交渉する1回限り。だから常にギリギリの金額で見積もりを出してくれるので、他の見積もりサイトよりも単身引越しの料金が安くなる可能性が高いです。もし気に入った業者がなかったら、ボタン1つで見積もりのキャンセルも可能です。

 引越しラクっとNAVIで見積もりをする

>>手順を確認しながら見積もり依頼をする

SUUMO引越し

<メールで済ませたい方に>

 

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

電話番号を知られたくない方、電話じゃなくてメールでやり取りをしたい方におすすめ!業者から次々と掛かってくる電話に応対するのがストレスに感じる場合は、電話番号を入力せずに見積もりができます自分のタイミングでやり取りできるので、急ぎの方もじっくり決めたい方にも最適です!

 SUUMO引越しで見積もりをする