【東京~静岡】の引越し費用はいくら?最安値は4万円台?|浜松・沼津・富士など

このページでは、東京~静岡間の引越し費用について紹介しています。

東京から静岡へは、およそ200キロほど。静岡県は広いので、沼津なのか、新静岡なのか、浜松なのかによって移動距離が数十キロ単位で異なるので、当然引越し料金はそれぞれ変わります。

このページでは、200キロ以内の引越し料金相場と、比較的遠距離の引越し料金を安くする方法を紹介していきます。

 

引越し費用が半額?!おすすめ一括見積もりサイト2選

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

 

SUUMO引越しで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更が無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする

 

東京~静岡間の引越し料金相場

下の表は、東京~静岡間の引越し料金相場を単身・2人・3人以上に分けてまとめたものです。通常期は5月~2月、繁忙期は3月・4月の時期を指します。繁忙期の引越し料金は、通常期に比べて倍以上かそれよりも高くなることもあるので、できるだけ繁忙期を外して引越しをすると料金は安くなります。

通常期
(5月~2月)
繁忙期
(3月~4月)
単身
20,000円~70,000円
40,000円~150,000円
2人
40,000円~180,000円
80,000円~240,000円
3人以上
60,000円~200,000円
100,000円~300,000円

繁忙期の中でも、特に3月末(20日以降)~4月上旬にかけては、1年で最も引越しの需要が高まる時期となり、料金も一番高くなります。

相場料金は、あくまでも相場です。荷物の量や業者選びなどの違いが、料金には大きく関わってきますので、本当の料金を知りたい方は、きちんと見積もりを取りましょう。相場料金は、見積もり依頼をしたときにその金額が相場とどれくらい差があるのかを判断する材料として、生かしてもらえればと思います。

 

荷物が少ない単身引越しならいくら必要?

荷物が少ない場合、例えばダンボールは10箱くらい、家電は冷蔵庫と洗濯機、布団や衣装ケースが数個くらいであれば、4万円〜5万円でも引越しは可能です。

ただし、この料金で引越しするには、平日に引越しをすることや、時間指定はしないようにすることなどが条件となります。また、大手業社では少し厳しいかもしれません。地域密着型の業者ほど料金は安くなるので、一括見積もりなどを利用して出来るだけ多くの業者の料金を比べるようにしましょう。

 

荷物が多めの単身引越しなら10万円以上?

自転車やベッド、二人掛けのソファーなどを運びたい場合は、料金も10万円を超えてくるでしょう。10万円を超えると、値引きの幅も大きくなるため、業者同士を競わせて値引きする方法も効果的です。実際に、このような条件でアート引越センターなら18万5千円人力引越社なら10万円で引越しが出来たという口コミもあります(※引越し侍公式HPの口コミより)。

大型の家具や家電などを運ぶ場合は、利用するトラックも多くなり、スタッフも多めに必要になることもあるため、予算は10万円以上になることを計算に入れておきましょう。

 

夫婦での引越しなら料金はいくら?

夫婦2人での引越しの場合、単身引越しよりも荷物が増えるため、基本料金が単身に比べて大幅に上がります。値引きをする前の状態だと大体20万円前後が一般的な料金だと考えておきましょう。3月〜4月にかけての繁忙期になると、料金は20万円よりも高くなります

大手業者の場合は、相場料金よりも大幅に高くなることもあるので、必ず大手業者・中小業者のどちらからも見積もり料金を聞くようにしましょう。

 

荷物が多い3人〜4人家族なら20万円以上は必要?

家族3人以上の引越しは、安くとも20万円くらいの料金は想定しておきましょう。家族の場合、冷蔵庫や洗濯機、テーブルやベッド、ソファーなども新居に運ぶ家庭が多いので、利用するトラックのサイズも大型のものとなり、料金はかなり高くなります。

実際に関東地方への引越しで35万円かかったという口コミ情報もあります。料金を安くするには、平日に引越しをしたり、時間指定をしないフリープランを使うなどの工夫をしてみましょう。

 

実際の料金はいくら?一括見積りで確実に料金が安くなる?!

実際に引越し料金がいくらかかるのかを知るには、一括見積もりサイトを利用しましょう。最大10社へ一括で見積もり依頼を出せるので、料金が安い業者をすぐに見つけることができます。

一括見積もりサイトを使うと、相場料金よりも確実に料金が安くなるというメリットもあるので、できるだけ安く引越しをしたい方は、是非利用しましょう。

業者同士が値引きの競争をしてくれるので、自動的に料金が安くなっていきます。あなたの交渉次第ではさらに格安料金にすることも可能。一括見積もりサイトを上手に利用して、引越しの勝ち組になりましょう。

おすすめは「SUUMO引越し」。提携業社はサカイやアート、日通などの大手を含む厳選業者のみ。そして、他サイトでは必要な電話番号の入力が必要ないため、営業電話などの心配もありません!

↓↓↓↓

 

忙しい方には、住所変更手続きを無料で行なってくれるズバット引越し比較」がおすすめ!電気・ガス・水道などの公共料金の住所変更手続きを無料で依頼できるので、引越し後の面倒な手続き作業を軽減できます!

↓↓↓↓

 

単身パックなら単身引越しの料金はいくら?

一人暮らしの方は、単身パックの引越しプランを使おうと考えている人も多いと思います。ここでは、CMでも有名な日通の単身パックを使った場合の、おおよその金額をシミュレーションしてみました。

荷物が少ない人が単身パックSを使った場合

単身パックSは、日通の単身パックの小さい方のサイズを専用カーゴを使うプランです。積める荷物は、

  • 冷蔵庫
  • 20インチテレビ
  • テレビ台
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス(3段)
  • 姿見
  • 布団
  • ダンボール4箱

となります。もちろんダンボールだけでも良いし、冷蔵庫やテレビではなく他の物でも構いません。ただし、注意したいのは冷蔵庫と洗濯機は同時に積むことが出来ないこと。両方とも運びたい場合は、単身パックLを使いましょう。

料金についてですが、単身パックSを1つ使って引越しをする場合の必要な料金は、

  • 運賃:24,000円(東京〜名古屋間の料金を目安にしています)

のみとなります。

さらに、PCやスマホからの申し込みによるWEB割引を適用すると2000円を割引してもらえるので、22,000円となります。

その他、繁忙期の料金や夜間配達の指定料金などが必要になる場合があります。

  • 夜間配達(18~21時):1ボックスあたり 2,000円(税抜)
  • 土日祝日配達:1ボックスあたり 2,000円(税抜)
  • 土日祝日の夜間配達:1ボックスあたり 4,000円(税抜)
  • 3/22~4/5までの期間:1ボックスあたり 5,000円(税抜) ※集荷・配達の両方、及びどちらか一方が期間内の場合

※日通HPより抜粋

例えば、土日の夜間配達を指定したい場合は、

・運賃24,000円 ー WEB割引2000円 + 土日夜間配達4000円 = 26,000円

が最終的な料金となります。荷物が少ない場合は、トラックによる引越しよりも単身パックの方が安くなることもあるので、必ず見積もりを依頼するようにしましょう。

 

少し荷物多めの場合に使う単身パックLの料金は?

単身パックLは、単身パックSよりも一回り大きなサイズの専用カーゴを使うプランです。単身パックSと違い、冷蔵庫と洗濯機を同時に積める大きさであること、単身パックSで積める荷物に加えて、衣装ケースも入る大きさとなります。

単身パックLの運賃は、28,000円となり、単身パックSよりも4000円高くなります。

WEB割引や追加料金などは単身パックSと同じ料金が適用されます。単身パックSでは足りないという場合は、こちらの単身パックLの方を検討してみましょう。

 

運賃以外にかかるその他の料金は?

単身パックを使った場合、基本運賃や割増料金以外にも必要な料金があります。

  • 梱包資材のお届け料
  • 使用済み資材の回収料
  • TV・オーディオ類の配線・接続料
  • 家具類(ベッド・ラック等)の解体・組立て料
  • 洗濯機の給排水ホースの取付け料(取外しは無料)
  • ドラム式洗濯機の給排水ホースの取外し・取付け

※日通HPより抜粋

梱包資材であるダンボールなどの配送、使用済みダンボールの回収はいずれも有料となります。多くの引越し業者ではこれらのサービスは無料となっていますので少し残念な気もしますね。TVの配線や家具の組み立て等は有料オプションとなっている業者も多いのでこの辺りは一般的だと言えます。

ただし、単身パックを使う場合、荷物をそのまま専用カーゴに積み込むことが出来ますので、ほとんど梱包作業をする必要がないため、ダンボールも自分でスーパーや薬局からもらって来ることで十分事足りるでしょう。ダンボール5箱くらいなら、通常のゴミに出せば処分も簡単なので、単身パックを使う場合はこれらのオプションサービスは利用しなくても何とかなりそうです。

 

引越し費用を安くする4つの方法

単身引越しの料金を安くする方法を4つ紹介したいと思います。

  • フリー便を使う
  • 単身パックを使う
  • 荷物を減らす
  • 依頼する作業を減らす

この3つの方法を使えば、繁忙期・通常期にかかわらず、引越し料金を安くできます。すべてを実行するのは難しいかもしれませんが、出来るのものは是非試してみてくださいね。

 

フリー便を使う

まず最初は、「フリー便」を使う方法です。「フリー便」とは、“時間指定をしない”プランのことです。通常のコースなどと合わせて契約時に相談して利用することが出来ます。きちんとプランとして扱っている業者とそうでない業者がありますが、どの業者でも時間指定はするので、必ず実行可能な方法です。

「フリー便」のポイントは、料金を最大で30%ほど値引してくれることです。特に、引越し当日の時間に余裕のある単身の方や2人での引越しの方は、使いやすいプランだと思います。忙しい方などで、午前中に作業を終わらせたいという方などには向かない方法です。

「フリー便」の注意点は、引越し当日の作業開始時間を業者が教えてくれるのが、前日もしくは2日前ほどになることです。ギリギリまで当日のスケジューリングができないのが「フリー便」のデメリットとなります。

 

単身パックを使う

nittsu-box02

単身引越しの方におすすめの方法は、単身パックのある業者を使うことです。大手であれば、クロネコヤマトや日通、ハトのマークの引越センターなどが代表格です。特に、クロネコヤマトは、親しみのある業者で大手であるにも関わらず、単身パック料金はかなり安くなっているのでおすすめです。

(※写真は「日通」の単身パックです。)

また、単身パックは専用ボックスを使ったプランがおすすめです。専用ボックスは、ボックスの数と移動距離によって料金が決まります。料金が分かりやすいのが嬉しいポイントですね。また、専用ボックスに直接荷物を積み込めるので、家電などはほとんど梱包する必要がありません。当日の作業時間、荷造りの手間が省けるのも専用ボックスを使った単身パックの特徴です。

以下に、クロネコヤマト・日通・都内の中小業者の単身パックをまとめましたので是非参考にしてくださいね。

 

クロネコヤマトの単身パック

 
パック内容
料金
yamato-logo
単身引越サービス「miniタイプ」
11,000円~
単身引越サービス「フルサイズ」
12,000円~

日通の単身パック

 
パック内容
料金
nittsu_mini
単身パックS
15,000円~
単身パックL
16,000円~
単身パックL
51,000円~

荷物を減らす

ダンボール箱に入って笑う小さい子供

特に家族の引越しをする方におすすめなのが、“荷物を減らすこと”です。単身引越しの場合は、いくら荷物を減らしても、大抵は専用ボックスやトラック1台分に荷物が収まるので、荷物を減らしたところでそこまで料金は変わりません。

しかし、家族の場合は違います。人数が多くなればなるほど荷物の量もどんどん増えるため、作業を行うスタッフの数やトラックの台数やサイズに大きく影響してきます。引越し料金は、人件費や設備費(トラックや梱包資材費など)の占める割合が大きいので、荷物を減らすことでスタッフを減らしたり、トラックを少なくすることが出来れば料金は節約できます。

 

依頼する作業を減らす

笑顔で段ボール箱を運ぶ2人の引越し業者スタッフ

4つ目は、“業者へ依頼する作業を減らすこと”です。各引越し業者には、様々なプランがあります。荷造りから荷解きまですべての作業をやってくれるプランや、食器の梱包だけ手伝ってくれるプランなど、その内容は業者によって異なります。

業者に依頼する作業を減らせば、料金は安くなります。おすすめなのは、どの業者でもスタンダードなプランになっている“荷造り・荷解きは自分たちで行う”というぷプランです。どの業者でも大型家具や家電の梱包・セッティングなどは業者がやってくれます。家族の場合は、荷物も多く、荷造り・荷解きどちらも大変な作業になるとは思いますが、できるだけ荷物を減らせば荷造りの量も少なくなりますし、後片付けの手間も省けます。

荷物を少なくできれば、自分たちで行う作業も比例して少なくなっていくので、まずは荷物を減らすことを最優先に考えましょう。

 

さらに引越し料金を安くする簡単な方法

woman-wallet

上記の4つの方法を実践すれば、必ず引越し料金は安くなりますが、さらに料金を安くする方法があります。それは、“一括見積りサイトを使う”ことです。

一括見積りサイトとは、最大10社へ一括で見積もり依頼ができるサービスのことです。同時に見積もり依頼が出来るので、業者探しの手間が省けることや、料金の比較ができるのが大きなメリットです。

一括見積りサイトを使うと、簡単に一番安い金額の業者が分かります。大手だけでなく地域密着型の中小業者も合わせて、一番安い業者を簡単に見つけることができるのが一括見積りの最大のメリットなのですが、実は、一括見積りサイトを使えば、普通に見積もり依頼をした場合よりも確実に(100%です)料金が安くなるたった1つの理由があります。

あなたはその理由が分かりますか?

 

一括見積りサイトを使うと料金が確実に安くなるたった1つの理由とは?

お財布とお金

一括見積りサイトを使うと引越し料金が安くなります。

あなたはその理由を知っていますか?

単に料金を比較出来ることがその理由ではありません。

 

一括見積りで得られる最大のメリットは、

“業者間の価格競争による値引き合戦”

です。

 

一括見積りを利用すると、各業者は、あなたというお客さんを獲得するために、他社の金額に負けないように値下げしてくれます。

 

業者ごとに個別に見積もり依頼をした場合、この現象は起こりません。ライバルとなる業者がいないため、値引き交渉に応じてくれないこともあります。

一括見積りをすることで、

“各業者が限界ギリギリまで下げた見積もり金額を受け取り、それらを比較できる”のです。

 

 

一括見積りなら【SUUMO引越し】

 

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

 

SUUMO引越しで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更が無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする

 


 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイト2選

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

 

SUUMO引越しで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更が無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする