【短距離&長距離】引越しの日数はどれくらい?移動と荷造りそれぞれの日数まとめ

このページでは、短距離の引越し・長距離の引越しそれぞれの引越しにかかる日数についてまとめてみました。

移動距離によって必要な日数はどれくらいなのか、日程の猶予はどれくらい必要なのかなど、引越し期間について知りたい方は是非チェックしてみてください。

 

短距離引越しには何日かかる?

短距離引越しは、移動距離が100キロ以内の引越しのことを指します。この「100」という数字になっている理由を知るには、引越し費用について詳しく理解しておく必要があるのです。

引越し費用は、基礎運賃に作業費とオプション料金を足して金額が決まります。そのうち、基礎運賃は移動距離によって、時間制または距離制のいずれかになり、運賃が計算されるのです。100キロ以内の移動だと時間制で料金が決まり、100キロを超えた場合には距離制で料金が決定します。このように、100という数字をもとに、料金の出し方が変わることから、100キロ以内の引越しは短距離引越しと考えられています。

短距離引越しの場合、旧居から新居へ荷物を運ぶまで、1日で終わるケースがほとんどです。そのため、長距離引越しよりもプランを立てやすく、苦労することも少なくなるでしょう。ただし、何も考えずに取り組んでしまうと、当日困るような場面も出てくるので、短距離引越しでも計画的に作業を進めることが大事です。小さな荷物は自分で運ぶようにし、家電や大型家具などある程度大きな荷物は、引越し業者に運んでもらうようにしましょう。

なお、小さな荷物が少ないなら、引越し当日に持っていけば問題ありません。一方、量が多い場合には、当日のみだとすべてを運ぶのに何往復かする必要があります。それを避けたい人は、2、3日前から徐々に運ぶようにするか、ダンボールにまとめて当日業者にお願いするようにしましょう。

短距離の場合は、早くて1日で完了!

 

長距離引越しは移動距離によってかかる日数は変わってくる

長距離引越しといっても、距離により荷物を運び入れるまでの日数が異なります。引越し業者に関しては、約200キロ以内であれば、1日で荷物を運び終えることは可能です。

例えば、都内から関東エリアの市町村のどこかへ引越すとしましょう。都内から200キロを超える位置にある市町村は関東にはないため、1日で引越しを終えることができます。なお、荷物が少なければ、出し入れの作業に時間をとらない分、早めに完了できるでしょう。

一方、荷物がたくさんある場合には、1日で終わるものの、ある程度時間がかかってくるというのを理解しておくことです。 引越しサービスには、チャーターされたトラックで一軒の荷物だけを運ぶ「チャーター便」というサービスがあります。このサービスを使えば、配送先まで早く届けることができますが、200キロ以上移動距離がある場合には、1日で運び終えるのは困難です。

移動距離が約600キロ以内であれば、荷物を積んだ次の日に、新居へ荷物を下ろすことができます。例えば、都内から東北エリアへ引越しする場合、岩手や宮城の仙台までであれば、翌日新居に荷物を届けられるでしょう。他にも、関西エリアの兵庫や大阪へ引越すなら、2日間で引越しを完了できます。

1000キロ以内の遠方へ引っ越す場合チャーター便を利用すれば、3日間で引越しを終えることができます。都内より北側へ引越すなら、北海道の函館や青森までであれば移動距離は1000キロ以内なので、3日かかると考えておきましょう。

他にも、福岡までも1000キロ以内になるため、山口や広島、岡山へ引越すなら3日間で荷物を送り届けることができます。このように、都内からチャーター便を使うと、3日あればほとんどのエリアに荷物を運べるのです。

なお、チャーター便は料金が高くなるので、コストを抑えたい人は混載便で引越しするのも1つの手です。混載便は荷物をターミナルで大型トラックに移し、他人の荷物とともに、目的地方面まで運ぶという流れになっています。この運搬方法は一度に多くの荷物を運べることから、料金が安く設定されているのが魅力です。ただし、大型トラックは荷物が集まるまで、ターミナルで2、3日は待つという点を理解しておくことです。引越しに時間をかけたくない人は、多少コストはかかっても、チャーター便を利用したほうが事をスムーズに進められるでしょう。

200キロ以内なら1日でも可能!

600キロ以内なら2日で完了!

1000キロなら3日

混載便は格安!でも遅い、、

 

引越し準備・荷造りに必要な日数はどれくらい?

 

ここからは、準備や荷造りに必要な日数を、単身・夫婦2人・家族の3つのタイプに分けて紹介していきます。ある程度計画性を持って準備を始めないと、引越し当日になっても荷造りが終わっていないといった状況にもなりかねません。出来るだけ早めに準備や荷造りはスタートさせましょう。

 

単身引越しの荷造りはどのくらい日数がかかるのか?

単身引越しをする場合、丸1日荷造りに費やすとすれば、5日間あれば作業を終えることができます。そのため、普段働いている人は、仕事がオフの日を最低5日分使って荷造りすれば、引越し当日まで余裕を持って過ごせるでしょう。

ただし、休みに体調が悪くなったり急遽仕事が入ったりする可能性もあるため、空き時間を利用して日頃から荷造りすることが大事です。仕事を終えた後に毎日荷造りするとしたら、2週間前から作業を進めるようにしましょう。

また、引越しを業者に依頼する際に、安くすませようと、ダンボールを頼まない人もいるのではないでしょうか。その場合、スーパーや薬局に行けば、無料でダンボールを入手できますが、いつでもできるからと行動に移さない人もいるかもしれません。そういった人は、引越し日が間近にせまってから時間に追われやすくなるので注意が必要です。ダンボールを業者に頼まない場合には、後で苦労しないために、早くから自分で用意することがポイントです。なお、荷物が少ない人は10枚程度、たくさんある場合には15枚から20枚くらいのダンボールを準備しましょう。

このように、単身引越しでも、ダンボールは最低10枚近くは準備する必要があり、一人でその量を集めるのは困難です。ダンボールを自分で集めるなら、数日に分けてもらいに行くようにしましょう。その作業が面倒に感じるなら、コストはかかりますが業者にダンボールをつけてもらうことです。

単身引越しの荷造りは、最低5日が目安!

2週間前くらいから作業スタート!

ダンボールは自分で集めるより業者に頼むべし!

 

【夫婦2人の家庭】ファミリー引越しの荷造り①

ファミリー引越しで荷造りにかかる日数ですが、夫婦2人のみの家庭と子どもがいる家庭とではやや変わってきます。夫婦2人で引越しする場合、丸1日使うとしたら、6日あれば荷造りを終えることができます。ただし、夫婦で共働きしている場合には、協力して荷造りできる日が限られてくるので、余裕を持って作業を進めることがポイントです。

2人とも休みをうまく合わせられるなら問題ないですが、そういったことができない家庭もあるでしょう。その場合、どちらか一方が休みのときに、荷造りに時間を多く費やすことができます。その際、どのように荷造りをするのか決めていないと、後で揉め事につながる可能性も出てきます。夫婦2人で引越しするなら、1人で荷造りするものや協力して荷造りするものなど、事前に話し合っておきましょう。

2人の引越しの荷造りは、最低6日が目安!

 

【3人以上の家庭】ファミリー引越しの荷造り②

子どもがいる3人以上の家庭の場合、荷物が多くなる分、荷造りするのにある程度日数がかかってきます。1日を丸々使ったとすると、荷造りにかかる日数は8日ほどになりますが、仕事をやりながらであれば、2週間以上かかるでしょう。また、スムーズに進まないことも出てくるかもしれないので、3週間前を目安に荷造りすることを意識してください。

荷造りする際に大事なポイントは、新居で使わないものを処分する作業から始めることです。子どもは年齢とともにサイズが変化しやすいので、身につけなくなった服や靴が、自宅に眠ったままになっている家庭もあるでしょう。他にも、子どもの好みが変わったことから、使わなくなったおもちゃが放置されていることもあるかもしれません。そういった場合には、友人や知り合いの子どもに譲るか、思い切って捨てるようにしてください。

さらに、服やアクセサリーなど、自宅にたくさんある人もいるかもしれません。夫婦2人の家庭にも言えることですが、身につける機会が少ないアイテムは、買取ショップでお金に換えるかゴミに出すようにしましょう。

荷造りのポイントの2つ目は、新居のレイアウトをもとに荷造りすることです。3人以上の家庭が引っ越す場合、新居の間取りがある程度広くなるケースがよくあります。目的もなく荷造りしてしまうと、荷物を移す際に間取りが広い分、迷いが生じやすくなるのです。

同じ部屋で使うアイテムは、同じダンボールに一緒に入れるようにしましょう。なお、奥さんが妊娠している場合には、作業をスムーズに進められないこともあるかもしれません。そういった場合には、荷造りサービスを行っている引越し業者を利用すれば、荷造りで困ることはなくなるでしょう。

ファミリー引越しの荷造りは、8日〜3週間以内が目安!

新居で使わない物から処分する!

新居のレイアウトを想定して荷造りすること!

 

まとめ

引越しにかかる日数について、少しは理解が深まったでしょうか?単身引越し、2人の引越し、家族の引越しで、それぞれ気をつけておくことや知っておくべきことはたくさんあります。少しでもこのページがあなたの引越しの力になれれば幸いです。

 

引越し料金が半額?!一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • メールだけで業者とやり取りできる!

SUUMO引越しで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更が無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする

コメントは受け付けていません。