印鑑登録の手続き方法

印鑑

引越しをして住所が変わった時に行わなければいけない手続きがいくつかあります。「印鑑登録」の住所変更手続きもその中の1つとなります。このページでは、印鑑登録の住所変更手続きの方法を紹介していますので是非参考にしてください。

手続きを行う場所と準備

印鑑登録を行う場所は通常市区町村役所・役場の市民課等に窓口がありますのでそちらに出向いて手続きをします。所定の登録用紙に必要事項を記入、押印して登録します。引越しの際に住民登録を行いますがその時に併せて印鑑登録を行うのがわかりやすく無駄がありませんので賢い方法です。


引越しの際には引越し前の住所地の役所で転出届の手続きをする前に住民票、印鑑証明書を各1通か2通程度取得しておくことをおすすめします。買い替えなどで自宅を売却した時、売却物件の不要な住所変更登記をせずに済ませる方法があります。特に市外への引越しの時はもうひとつ前の住所の記載があるなど、登記上役に立つ場合が少なくありません。

 

印鑑登録は転出証明書と連動して抹消される?

転出届の手続きをすると転出証明書が発行されます。印鑑登録は連動して抹消されますので、印鑑証明書が取得できなくなります。引越しをしたらできるだけ早く、転出証明書を持って新しい住所地の役所へ行き住民登録のほか、諸手続きをまとめて済ませるようにするのがよいでしょう。

その時に新しい住民票と印鑑証明書を何通か取得しておきましょう。運転免許証の書き換えや銀行口座の住所変更など、意外にたくさん住民票が必要になります。あらかじめ何と何の住所変更が必要かを書き出しておくと無駄が省けます。印鑑証明書はそんなにたくさんはいりませんが1通か2通とっておくと良いでしょう。

 

そもそも印鑑登録とは?

印 鑑登録とは実印を登録することです。一般に石や水牛の角や骨、金属、水晶など高価な印鑑を作ったりしますが印鑑登録していなければその印鑑は実印とはなり ません。逆に安い三文判のような印鑑でも印鑑登録されていればそれが実印ということになります。ただし偽造などを防ぐためにもできるだけきちんと作った印 鑑を登録することが望ましいです。印影が欠けたりすると印鑑として機能しませんので登録しなおすことになります。

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積りサイトBEST3

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする

LIFULL引越し

  • 入力は超カンタン45秒!
  • 「赤帽」が唯一提携しているサイト
  • 中小業者の情報が豊富

LIFULL引越しで一括見積りをする

引越し侍

引越し侍の公式ホームページ

  • 口コミ件数20,279件
  • 10万円キャッシュバックキャンペーン中
  • 紹介件数2,130万件突破

引越し侍で一括見積りをする