原付の手続きについて

引越しの際には、様々な手続きが必要です。住民票や国民健康保険などの他、クレジットカードや銀行口座などの手続きなど、住所変更が必要なモノがたくさんあります。このページでは、原付(原動機付自転車)の住所変更手続きについてご紹介したいと思います。

 

手続きが必要な場合とそうでない場合

引越しと聞くと、荷造りや新居探しをイメージする人が多いかもしれません。新しい生活への準備をするのですが、実は原付にも必要なことがあります。新居で生活するときは住所変更を行いますが、原付も同じような手続きが必要になるでしょう。

同じ市町村内に引越すなら、手続きが不要になることもあります。手続きが必要かどうかは、自治体によって異なる可能性もあるため、引越し前に確認するといいでしょう。

他の市町村に引越す場合は、手続きをしてください。初めて行う人は戸惑うかもしれませんが、必要なものを準備しましょう。手続きに必要なモノは以下の通りです。

  • 廃車申告書
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 身分証明書
  • 印鑑

引越し前に必要なことは廃車申告受付所をもらうことです。、旧住居の市区町村役所にナンバープレートを返し、廃車申告受付書を発行してもらいましょう。

これから住む場所では、転入してから15日以内に手続きを行ってください。原付の住所変更を行ってナンバープレートをもらいましょう。

引越しをするときに住所変更が必要なのは、原付も同じです。どこに引越すかで手続き内容が異なりますが、後で自分が困らないためにも、どのような手続きが必要か確認しましょう。新しい生活を始めるときにトラブルが起きないように、余裕をもって行動してください。原付を所有している人は、引越し時に何をするか一通り確認しておくといいかもしれません。

移動手段として様々な場面で活躍する原付を、引越し先でもすぐに使えるようにしましょう。変更等は期限があることも珍しくないため、早めに行ってください。必要な書類等を忘れないようにして、一度に済ませるといいかもしれません。新生活の新しい一歩を踏み出すためにも、原付の住所変更は早めに行ってください。

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積りサイトBEST3

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする

LIFULL引越し

  • 入力は超カンタン45秒!
  • 「赤帽」が唯一提携しているサイト
  • 中小業者の情報が豊富

LIFULL引越しで一括見積りをする

引越し侍

引越し侍の公式ホームページ

  • 口コミ件数20,279件
  • 10万円キャッシュバックキャンペーン中
  • 紹介件数2,130万件突破

引越し侍で一括見積りをする