国民健康保険の手続き方法|資格喪失手続き・加入手続きについて

引越しの際には、国民健康保険に関する手続きが必要です。手続きが完了していない時点での医療費については保険が適用されず全額負担となるため高額な医療費を支払うことになります。

加入手続きが完了すれば払い戻しは可能ですが、思わぬトラブルにも繋がりかねないので早めに手続きを済ませておきましょう。

同一市区町村内での引越しの場合

同一市区町村内での引越しをした場合は、国民健康保険の住所変更手続きのみ必要となります。必要書類等は以下のようになります。

届出人

  • 本人
  • 代理人(委任状が必要)

届出先

  • 新住所のある市区町村の役所

届出期間

  • 引越し後14日以内

必要書類

  • 本人確認書類
  • 国民健康保険証
  • 認印
  • 委任状(代理人が申請をする場合)

手続きについて

同一市区町村内での引越しの場合は、住所変更のみで大丈夫です。窓口で渡される書類に必要事項を記入して手続きは完了です。

 

旧住所から市区町外へ引越しをした場合

市区町村外への引越しをした場合は、「資格喪失手続き」および「加入手続き」が必要となります。転出と転入の両方で手続きが必要となりますので、転出届・転入届の申請時にまとめて手続きを行いましょう。

資格喪失手続きについて

届出人

  • 本人
  • 代理人(委任状が必要)

届出先

  • 旧住所のある市区町村役場

届出期間

  • 転出手続き後14日以内

※転出届と同時に手続きしておくのがおすすめ。

必要書類

  • 本人確認書類
  • 委任状(代理人が手続きを行う場合)
  • 国民健康保険証
  • 世帯主が転出する場合は世帯全員の保険証
  • 高齢受給者証(該当者のみ)
  • 認印
  • 代理人自身の印章と本人確認書類

手続きについて

転出届の手続きをする際に、国民健康保険の資格喪失手続きも同時に行っておきましょう。資格喪失手続きをして、一度国民健康保険証を返還します。この場合、一時的に国保に未加入の状態になりますので、この期間中に病院にかかった場合の医療費は全額負担となります。ただ、加入手続きが完了すれば、診療証明書を持って役所の国保の窓口に申請をすればお金は返ってきます。

 

加入手続きについて

届出人

  • 本人
  • 代理人(委任状が必要)

届出先

  • 新住居のある市区町村役場

届出期間

  • 引越し後(転入後)14日以内

必要書類

  • 転出証明書(証明書に国保有となっている場合)
  • 本人確認書類
  • 印章
  • 口座振替用の預金通帳および届け出印(保険料の口座振替を希望する場合)
  • 委任状
  • 代理人自身の印章と本人確認書類

手続きについて

国保の加入手続きは出来るだけ早く(転入届と同時に)行いましょう。届出期間は転入から14日以内となっていますが、国保の加入手続き中は、一時的に保険証が手元にない状態になります。この時の医療費は全額負担となってしまいすので(後日、加入手続き完了後に返還できます)、出来るだけ早く加入手続きを行うようにしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする