住民票の手続きについて

手続き書類に必要事項を書き込む男性

引越しをした場合には、住民票の移動手続きが必要です。ただ、住民票を直接書き換えるような手続きをするのではなく、「転出届」「転居届」「転入届」などの必要な届け出を行うことで、住民票の移動申請は完了です。

ここでは、同一市区町村内での引越しをした場合と、旧住所から市区町村外への引越しをした場合の2つの場合の手続き方法を紹介していきます。

 

同一市区町村内で引越しをした場合

必要な手続き

  • 転居届の提出

届出先

  • 新住所のある市区町村役場

届出人

  • 本人
  • 代理人(委任状が必要になります)

届出期間

  • 引越し後14日以内

(14日以内に転居届を提出する)

必要書類

  • 本人確認書類
  • 委任状(代理人の場合)
  • 国民健康保険証、高齢者医療受給者証、乳幼児医療証など(加入者のみ)
  • 認印
  • 住民異動届(役所で受け取り、その場で記入する)

手続きに関して

転居届は、引越し後14日以内に手続きが必要です。特に引越し前に必要な申請や手続きはありませんので、引越し後に忘れずに行いましょう。

⇒転居届についてさらに詳しく

 

旧住所から市区町村外への引越しをした場合

必要な手続き

  • 転出届・転入届の提出

届出先

  • 新住所のある市区町村役場

届出人

  • 本人
  • 代理人(委任状が必要になります)

届出期間

  • 転出届:引越しの2週間(14日)前から引越し当日まで
  • 転入届:引越し後14日以内

必要書類

  • 本人確認書類
  • 転出証明書(転入届の手続きに必要)
  • 委任状(代理人の場合)
  • 国民健康保険証、高齢者医療受給者証、乳幼児医療証など(加入者のみ)
  • 認印
  • 住民異動届(役所で受け取り、その場で記入する)

手続きに関して

市区町村外への引越し場合は転出届と転入届の両方が必要です。転出届を提出した際に発行される転出証明書を持って転入届の申請を行いましょう。転入届の申請が14日以内を過ぎてしまうと過料の対象となる場合があるので注意しましょう。

 

⇒転出・転入届についてさらに詳しく

 

 

住民票の移動は、転居届・転出届・転入届の申請をすれば完了です。また、各手続きの際には、住民異動届と呼ばれる申請書類を役所で受け取り、記入する必要があります。必要な書類を持って役所へ行き、記入した住民異動届と一緒に窓口へ提出すれば手続き完了です。

住民票については、引越し後の住所変更手続きに必要となる場合があるので、複数枚発行してもらっておくと便利です。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする