郵便物転送サービスについて

郵便物と飛行機

引越しが決まった場合、荷物の梱包や新しい場所の生活で必要なものの用意など、実際に住むにあたって必要なものを考えがちですが、引越しをする時には、様々な手続きが必要になります。

引越しをする際に一番面倒なのがこれらの各種手続きともいえるでしょう。しなければならない手続きは人によって異なりますが、ここでは、「郵便物転送サービス」について、どんな手続きが必要なのか、またいつまでにどこで行えばよいかなどをご紹介したいと思います。

郵便物転送サービスとは

引越しが決まったら、郵便局で転送手続きを行いましょう。この手続きを行うことのより、1年間は前に住んでいた場所の住所に届いた郵便物を、引越し先の住所に無料で転送してもらえるのです。また再度同じ手続きを行うことで、1年経過した後も更新することができます。

いつ?方法は?

転送手続きは引越しの1~2週間前に行うとよいでしょう。遅くなると前の住所に届いた郵便物が新しい住所に届かなくなってしまいます。

手続き方法は簡単です。以下の3つの方法がありますので、手軽に行えるものを選んでください。

最寄りの郵便局に出向いての手続き

引越し先の最寄りの郵便局の窓口へ転居届を提出します。(本人(提出者)の運転免許証、各種健康保険証などの本人確認書類と、転居者の旧住所が確認できる運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードまたは住民票等が必要です)

ポストへ投函する方法

窓口へ行くことが出来ない場合は、転居届に必要事項を記入の上、切手を貼らずにポストに投函します。

ウェブでの手続き

「e転居」というサービス上で、PCまたはスマートフォン/携帯電話から申し込むことができます。WEB上で必要事項を記入し、表示された電話番号(転居届受付確認センター)に電話するだけでOKです。

 

郵便物転送サービスの手続きを忘れていた場合、旧住所に配達された郵便物を受け取ることができません。「大切な郵便物が届かない」といったことがないように、必ず手続きをしておきましょう。

 

その他の必要な手続きについて

引越す前に行う手続きとして転出届があげられます。現在住んでいる住所の役所などで、転出証明を発行してもらい、引っ越した後に、移動先の役所で転入の手続 きをします。そして電力会社、水道、ガスの手続きも大切です。使用中止の手続きと使用開始の手続きが必要になります。ガスの手続きには、使用中止時も開始 時にも立ち会いが必要になるので、早めに連絡をしておかなければ、当日から使えない場合も出てきてしまいます。そのほかに固定電話、携帯電話、インター ネットプロバイダ、新聞などの手続きも必要です。

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする