電気の使用停止・開始の手続きについて

 引越しをする時は、電気の移転手続きが必要です。

旧居では停止の手続きを、新居では使用開始の手続きをする必要があります。どちらも、手続きが遅くなると余分に料金が発生してしまうなど、料金トラブルにつがる恐れがありますので、早めに手続きを行うようにしましょう。

以下に、電気の移転手続きの詳細をまとめました。

 

旧居で行う電気の停止手続き

電気の使用を停止するには、利用していた電力会社へ使用停止の連絡をします。電話やインターネットでの手続きが可能ですが、インターネットの場合は直前の手続きに対応していない場合もあるので、手続きは余裕を持って行いましょう。

届出先

  • 契約していた電力会社

手続き期間

  • 特になし(※トラブル防止のためなるべく早めの手続きが理想)

手続き方法

  • インターネット(電力会社の公式ホームページ)
  • 電話

必要書類

  • 特になし

※但し、「お客様番号」が必要な場合がありますので、「電気ご使用量のお知らせ」や過去の領収証などがあれば用意しておくと良いでしょう。

引越し前に確認する事

  • ブレーカーが下がっている事

※寒冷地では、凍結防止設備付の給湯器や配管が備わっている住居があります。この場合は、ブレーカーを下げてしまうと、配管内の水が凍結してしまい、破損に繋がる危険性があるので注意が必要です。管理会社や大家さんに必ず確認をしましょう。

旧居での最終月の電気料金について

最後の検針日から引越し当日までの電気料金は日割りで計算されます。料金の支払い方法は以下の方法から選びましょう。

  • 口座振替
  • 振込用紙の郵送
  • クレジットカード
  • 集金依頼

注意点

使用停止の届出がない場合は、引越し後も電気料金が発生します。なるべく早く手続きをしておきましょう。

引越し後、新居で行う使用開始手続き

新居へ引越し後に行う電気の使用開始手続きについてです。新居へ引越し後、すぐに電気を使うことが出来ますが、なるべく早く電力会社へ連絡をしましょう。備え付けの「電気使用申込書」を郵送するのが一般的です。

届出先

  • 各電力会社

手続き期間

  • 特になし

※手続きが遅れると、電気料金に関するトラブルにつながる恐れがありますので、なるべく早めに行いましょう。

手続き方法

  • 「電気使用申込書」の郵送
  • インターネット(電力会社の公式ホームページより)
  • 電話、FAX

必要書類

  • 電気使用申込書(郵送の場合のみ)

※電話の場合は、「お客様番号」が分かる領収証などがあると便利です。

使用開始の手順

  • アンペアブレーカーのスイッチを入れる
  • 漏電遮断器のスイッチを入れる
  • 配線用遮断器のスイッチを入れる(安全器はフタを閉める)

注意点

電気使用申込書は、賃貸マンションやアパートの場合、郵便受けやブレーカー付近に用意されていることが多いようですので、入居の際には必ず確認し、保管しておきましょう。

水止め栓は、水道のメーターボックスの中にあります。開栓の際は左に回しましょう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

旧居での使用停止手続きは、トラブル防止のためにもなるべく早く済ませるように心がけましょう。新居での手続きについては、すぐに使えるので電力会社への連絡を忘れがちになるので、こちらも早めの手続きが必要です。

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積もりサイトBEST3

SUUMO(スーモ)引越し

  • 電話番号の入力が必要ない唯一のサイト!
  • 営業や勧誘の電話の心配がない!
  • スーモだけの特典でお得に引越し

SUUMO引越しで一括見積りをする

引越し達人セレクト

  • 荷物情報の入力が必要ないサイト!
  • 見積もりまでが最速!お急ぎの方に最適
  • 口コミやサービスも同時に比較できる

引越し達人セレクトで一括見積りをする

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする