運転免許証の住所変更手続きについて

引越ししたら、運転免許証の住所変更手続きをしましょう。特に明確な期限はありませんが、引越し後に免許証の住所が旧住所のままだと、本人確認書類として使用できない場合などがあるため、引越し後なるべく早く手続きを済ませましょう。

引越しの際には、駐車場の変更に伴う車庫証明の手続きも必要ですから、その際に合わせて免許証の住所変更も行っておくと良いでしょう。

 

運転免許証の住所変更手続きについて

手続き場所

  • 警察署運転免許課
  • 運転免許センター
  • 運転免許試験場

※すべて引越し後の新住所がある地区

届出人

  • 本人
  • 代理人

※都道府県・自治体により代理人の申請が不可の場合があります。また、代理人の条件として、同居の家族のみとなっている自治体もあるので、代理人申請を行う場合は事前に確認しておきましょう。

必要書類

  • 運転免許証
  • 運転免許証記載事項変更届
  • 印鑑
  • 住民票(引越し後の新住所が記載されているもの。原本のみ有効)
  • 申請用写真1枚(都道府県外への引越しの場合) ※6ヶ月以内に撮影したもの(カラー又は白黒、縦3cm×横2.4cm)
  • 外国人登録証明書(外国人の方のみ)
  • 代理人の本人確認書類(代理人が申請する場合)
  • 委任状

※代理人が、同居の家族に限られている場合は、本人と代理人併記の住民票の原本が必要です。

手数料等

  • 無料

手続きについて

警察署や運転免許センターで、運転免許証記載事項変更届を受けとり、必要事項を記入し、提出します。運転免許証の更新期日が迫っている場合は、免許更新と住所変更を同時に手続き出来る場合があります。

また、更新期日が迫っている場合、更新通知は旧住所へ通達されますので、引越し後はすぐに郵便局へ転居届(郵便物転送サービス)を提出しておきましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。

引越し料金一括見積りサイトBEST3

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の公式HP

  • 利用者数400万人突破
  • 公共料金の住所変更も無料で出来る
  • 運営歴が最も長い、一括見積りサイトの最大手

 ズバット引越し比較で一括見積りをする

LIFULL引越し

  • 入力は超カンタン45秒!
  • 「赤帽」が唯一提携しているサイト
  • 中小業者の情報が豊富

LIFULL引越しで一括見積りをする

引越し侍

引越し侍の公式ホームページ

  • 口コミ件数20,279件
  • 10万円キャッシュバックキャンペーン中
  • 紹介件数2,130万件突破

引越し侍で一括見積りをする